使命と責任

各務雅彦 3つの政策

小学生の居場所作りと児童虐待の根本解決

保育園の待機児童問題と同様にニーズの高い学童保育(小学生の居場所)について、川崎市における「わくわくプラザ事業」や「寺子屋事業」の制度見直しや充実化に取組みます。また、児童虐待については、根本解決に向けた取組みと児童虐待の予兆を事前にキャッチできる仕組み作りを行います。

健康長寿のための地域コミュニティ作りと外出支援のための地域交通問題解決

健康長寿のための未病に地域活動への参加が有効であることが分かっています。シニア世代の活躍の場の提供と地域コミュニティ形成のための活動を行っていきます。また、高齢者や小さいお子さまをお持ちの方々の外出支援につながる地域交通問題解決に取組みます。

小田急線踏切問題の改善

小田急線踏切と津久井道(世田谷通り)渋滞問題について、中長期的な視点での道筋を示すとともに、短期的に改善が図ることができる仕組み作りに取り組みます。


TOP